2010年3月17日水曜日

Shetland triangle

片付けに追われて作品作りもなかなかはかどらず。毛糸も大分箱に収まって片付けも後半。あともう少し。と、はたと気付いたらそう言えば先日編み上げたWrap style からの"Shetland Triangle"のサンプル編みがダミーの上にだらーっと垂れ下がっている。作品が出来上がっていたこともすっかり忘れていました。このショール、昔のScarf style の編み始めが375目というやる気を一気に無くさせる"Ene's scarf"と比べたら楽でした。が、編み始めの英語がなかなか理解出来ず往生しました。英語そのものが分からないのではなく、読んで全ての単語が理解出来ても想像がつかないという状況です。こういうときは迷わず糸を針を手にして言われた通りに手を動かして見る、というのが解決策です。その英語とは以下の通り。

"With crochet hook and waste yarn, ch 4. With main yarn, pick up and knit 2 sts in the bumps on the back side of the centre 2 chain sts-2 sts. Knit 6 rows."

「かぎ針で別糸を4目くさり編み。くさり編みの裏の輪をすくって2目表メリヤス編み。(両サイド)表メリヤス編みを6段(つまりガーター編みになる)。

日本の編み物の説明と違ってこのknit とpurlの言い方がややこしい。knit 6 rowsは「裏も表もknit(表メリヤス)する」ということ。だから結果はガーター編みに。
まあ、ここまでは理解出来るし想像も出来る。So far so good. で、問題は次。

"K2, rotate piece 90 degrees clockwise, pick up and knit 1 st in each of the 3 garter ridges along selvedge of piece, rotate piece 90 degrees clockwise again, unzip waste yarn chain to expose 2 sts at base of piece, place these 2 sts onto left needle and knit them-7 sts total."

ととと、何が何だか分からないぞぉー!すこーしずつ訳してみよう。

K2, rotate piece 90 degrees clockwise

「表メリヤス2目(今は2目しかないからわざわざここで「2目」などと言われるとどこの2目か探してしまいそうで余計まどろっこしい)編んで編み地を時計の針と同じ方向に90度回転させる」

この時点でだんだん想像力が遠のいていきます。何で編み地を回すの?左右に回すのか上下に回すのか頭の中では編み地がいろんな方向にクルクル回ります。

pick up and knit 1 st in each of the 3 garter ridges along selvedge of piece

「端に位置するガーター編みの輪になっている部分をそれぞれ拾って3目表メリヤスを編む」

訳はあっていると思うのに想像がつかない。この時点で既に頭の中の映像は時々砂嵐に。

rotate piece 90 degrees clockwise again,

「編み地を90度時計の針と同じ方向に回転させる」

また回すんかいな!頭の中では編み地がクルクル回っている映像が続く。

結局説明を「読んでいた」だけではいつまでも理解できず自信喪失してしまいました。ネット上ではいろんなところで「Shetland Triangle編み上がりました!」という多くの皆さんが意気揚々とこの素敵なショールの写真をアップしていて画面の前で私は指をくわえていました。しかし、手しごとを頭で理解しようとするほうがおかしいのだ、とある日超基本的なことに気付きまずは針と糸を手にして説明されている通りにやってみました。編んで...90度回して、おいおい、時計と同じ方向だって言ってるのに反対だよ、も一回やり直し...などと3歩進んで2歩下がるを繰り返しました。そうしたら、あら不思議、あんなに頭で悩んでいたのにあっという間に解決されました。そう、手しごとを頭だけで理解しようとしていた私が浅はかだったんですね。
そんなこんなで最初は悪戦苦闘でしたがその後は退屈なくらいにシンプル。実は今回編み上がったものは、一昨年買ったラクダとシルクの極上の糸で編むための試し編み。いい糸(=高い糸)では失敗したくないですよね。だから先ずは予行演習。でも、一度編んだものはもう編みたくなくなって別のものを編みたくなる性格。どうやってやる気を奮い立たせるかが問題、かな。これも頭で思っているよりも針と糸を手にしたら自然と進むのでしょうか。








編み上がったら水に浸けて編み地を広げてブロッキング。面倒くさくてスチームアイロンで解決しようとしましたがダメでした。